不倫 慰謝料請求

不倫の慰謝料請求には、何か計算式のようなものがあるの?

不倫の慰謝料請求では双方の同意の下、示談となる場合には
「誰がどのような計算をしようが」「最終的にいくらで決着
しようが」当事者間で自由です。

しかし、不倫の慰謝料請求が“示談”でまとまらない時
には裁判となります。裁判では、裁判官が双方の主張に耳を
傾け、過去に裁判が行われた似たような事例を参考にしたり
します。

そして、最後はそれら全てを踏まえて、裁判官の自由裁量で
不倫の慰謝料請求を認めるか否かやその金額を決定します。
なので、何らか普遍的な計算式があるという訳では決して
ありません。


裁判では不倫行為が実際にあったかどうか、あるいはその
責任が誰にあるのか、その行為によって被害者はどの位の
精神的な苦痛を受けたかなどを双方が主張します。

しかし、裁判になると双方とも絶対に裁判に勝ちたいが故に
自分に有利になる主張を行い、不利になる主張は行いません。

また、この時主張する内容が“真実か否か”は関係ありません。
時には、根も葉もないデタラメや嘘が主張されることも決して
珍しくはありません。


これらの双方の主張を吟味し、最終的な結論を出すのが裁判官
の仕事となります。よって、裁判官はそれぞれの主張が真実か
どうかを慎重に見極めるために“証拠の存在”をとても重要視
します。

 

サイトマップ